スマホ用VRヘッドセット3つを比較してみた

2016年はVR元年とも言われており、秋にはPlaystation VRの発売が控えているなど、年末に向けてまた更にVRが話題になって行くと思います!
そんなVRこと「バーチャルリアリティ(virtual reality)」を楽しむためには、そのためのヘッドセットが必要です。
そこで今回は3つのスマホ用VRヘッドセットを比較してみました。

3つの観点から比較

今回は大きく分けて3つの要素に分けて独自に比較してみました↓

—————————————————-
・没入感  :☆☆☆☆☆(星は5点満点)
・価格    :☆☆☆☆☆
・使いやすさ:☆☆☆☆☆
—————————————————-


VRにおいて世界観に浸るという最も重要な没入感は無論のこと、経済的な面での価格帯、 そして快適な使いやすさを基準にしました。
という訳で早速紹介です!

①BotsNew ボッツニュー

395-509101img06
—————————————————-
・没入感  :☆☆
・価格   :☆☆☆ (税込 2,980 円)
・使いやすさ:☆☆
—————————————————-


去年テレビでも取り上げられて話題になったVRヘッドセットのパイオニア。
VR入門編としてはOK!ただ組み立て式なので少し手間が掛かります。
加えて頭に掛ける部分がないのでたえず手で押さえておく必要があります。
でもコンパクトに出来るので持ち運びには便利。
友達にサッと見せたい時や、簡単なVRを使ったビジネスプレゼンなどでは役立つかと言う印象です。

BotsNew ボッツニュー!
商品ページはこちら 〉



②VR SHINECON

276-874905img10
—————————————————-
・没入感  :☆☆☆
・価格   :☆☆☆☆ (税込 3,240円)
・使いやすさ:☆☆
—————————————————-


ヘッドベルトも付いて、目を接地する箇所にはクッションも配備、光が入るの防ぎます。
視界の調整ツマミなど、没入感が増す仕様です。
この仕様で価格も3,240円で試しに購入するためにお手頃かと感じます。

shinecon2
ただiPhone6sで試した際に、上図のようにスマホをセットする部分のパーツがたまに当たって、 電源オフになり画面が消える時があります。
何回か連続すると若干ストレスになるので、少し惜しいという印象。
しかし概ね〇という好感触。

[各種スマートフォン対応]VR SHINECON ヘッドセット ピント調整可能 3.5~6.0インチ対応
商品ページはこちら 〉



③BotsNew VR(ボッツニューVR)

395-511081img06

—————————————————-
・没入感  :☆☆☆☆☆
・価格   :☆☆☆ (税込 9,990円)
・使いやすさ:☆☆☆☆
—————————————————-


ヘッドベルトやクッションなどはもちろん、高音質ヘッドフォンが内蔵されており、 iPhoneやスマホのイヤホンジャックに接続すればアプリゲームなどの音が左右からリアルに響いて来ます。
これにより外界とは完全に遮断され、相当なVR世界へ没入出来ます。
人間の五感の内、83%が視覚、11%が聴覚で脳内に情報量がインプットされるので、 この2つのツボを抑えているボッツニューVRはイチオシです。

395-511081img03
さらにボッツニューVRには「ボッツニューコントローラー」という 専用コントローラーが付属しており、 これを装着することによって、アプリ内に映像に触れる感覚を持つことが出来ます。


395-511081img01
価格に関しては約1万円するので、ちょっと足踏みしてしまうかも。
ただそれ相応の体験は出来ると感じます。
実際に使用したHameeスタッフ達は、本当に異空間にいるみたいと感激してました。

BotsNew VR(ボッツニューVR)
商品ページはこちら 〉



まとめ

結果、今回比較した中で一番おすすめのVRヘッドセットは「Bots New VR」だと感じます!
もちろん価格や使うアプリによってなど感想にも個人差はあると思いますが、参考にしてもらえたらと思います。

是非みなさんも話題のVRで遊んでみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

ABOUTこの記事を書いたライター

マクフライ金子

ファミコン世代、おもちゃ好き。80年代、映画好き。
ジオラマ、ミニチュア、VR、ゲームは一日10時間。
バッシングでも洋楽派。iPhone寝るまで離せません。
「おもしろい?おもしろくない?」がモットーです。