透明のiFace。『Reflection』と『Look in Clear』クリアケースを解説&比較!

こんにちは!Hamee編集部のシオリです。
Hameeグループが企画・製造販売しているスマートフォンアクセサリーブランド『iFace(アイフェイス)』。 そのiFaceの中でも人気を集める「透明ケース」をご紹介します。

iFaceブランドからは現在、2種類のクリアケースが販売中です。
1つは、『Reflection(リフレクション)』。ケースを囲む色付きのフチと強化ガラスの組み合わせが特徴的なケースです。 もう一方は、フチを含めた全てが透明の、『Look in Clear(ルックインクリア)』ケース。

この記事では2つのクリアケースの比較や解説、また、クリアケースのカスタマイズ用アイテムについてご紹介します。


iFaceクリアケースを比較!ReflectionとLook in Clear、どっちがいい?

iFaceには2つのクリアケースが存在することをお伝えしましたが、何が違うの?どっちの方がいいの?という疑問が浮かびますよね。まずはズバリその答えを導き出すべく、2つのケースの比較表を作成してみました。


Reflection
(リフレクション)
Look in Clear
(ルックインクリア)
見た目 iFace Reflection 強化ガラス クリア iPhoneケース iFace Look in Clear iPhoneケース(クリア)
背面の素材 アルミノシリケートガラス
(強化ガラス)
透明のTPU
(密着痕防止ドットあり)
フチの素材 色付きのTPU 透明のTPU
重さ
(12/12Pro)
約40.9g 約31g
取り扱い機種 22機種 16機種
黄ばみ 黄ばみにくい 黄ばむ可能性あり
(ブルーイング加工あり)
割れやすさ 強化ガラス使用だが、一点負荷で割れる可能性あり 割れる心配はなし
インナーシート 2枚まで対応 1枚まで対応

2つは同じクリアケースであっても、比較してみると少しずつ違いがあることが分かりました。
見た目の大きな違いとしては、やはりフチが色付きか、透明か、でしょう。また背面のクリア部分がReflectionはガラスのため透明なのに対し、Look in Clearには細かなドットがあることも把握しておいた方がいいでしょう。

また、対応する機種の違いも要チェックです。Reflectionが22機種に対応するのに対し、Look in Clearは5機種と少なめ。自分の使用している機種が対応しているかも忘れずチェックしましょう。

採用している素材も違っているので、こっちは黄ばむ心配は無いけど、割れる可能性はある、など一長一短な部分があるため「こちらの方が絶対にいい!」と断定してオススメするのは難しいところがあります。

筆者的には、ケースを付け外しする機会が多いので柔らかく着脱が簡単な、Look in Clearケースが魅力的に感じました。ただ、使用しているのがiPhone 11なので機種が対応してません!なのでReflectionを選ぶしかありませんでした…!

次の項目では、それぞれのケースの特徴について詳しく解説していきます。 みなさんも是非、双方の違いを把握した上で自分にピッタリな方を選んでいただければ幸いです。


フチ × 強化ガラスで圧倒的人気!iFace Reflection 強化ガラス クリアケース

iFace Reflection 強化ガラス クリア iPhoneケース

Reflection(リフレクション)は、背面がガラスのクリアケース。 発売以降、その人気はうなぎ上りで、それまでiFaceの代名詞として人気だったFirst Classの記録を更新し、今ではiFaceブランドで圧倒的な人気を誇るケースとなっています。


その人気の理由は大きく4つ!
ガラスだから黄ばみにくい・iPhone本体のカラーが楽しめる
従来のケースと比べて軽量化した
S字カーブを採用し持ちやすい
写真やシールを挟むなどカスタマイズが可能
詳しく解説していきましょう。

まずは、「強化ガラス」を採用している点についてです。 強化ガラスは、プラスチックに比べて傷がつきにくく、経年劣化による変色もしにくいのが特徴です。 黄ばみにくく透明感が長持ちするので、iPhone本体のカラーを美しいまま楽しむことができます。

iFace Reflection 強化ガラス クリア iPhoneケース
次に、「軽量化」について。それまで主流だったFirst Classは、衝撃に強い分ちょっと重たいことがネックでした。しかし、Reflectionは素材の変更や、構造の違いにより軽量化に成功。iPhone 8 / 7用のケースで比較すると約16g減量され、付け心地も軽やかになりました。

iFace Reflection 強化ガラス クリア iPhoneケース
また、「くびれ」が魅力のiFace First ClassのSラインを引き継ぎ手にフィットする持ちやすさを実現。ケース周囲のフチ部分もちょうど良い厚みで安定感が増します。

iFace Reflection 強化ガラス クリア iPhoneケース
最後に、クリアケースならではのアレンジのしやすさも人気の秘訣。好きなステッカーやアイドル・アーティストの写真を挟んで、自分だけのオリジナルケースにカスタマイズOK!自分のお気に入りをいつも持ち運べると、気分も上がりますよね。

iFace Reflection 強化ガラス クリア iPhoneケース

ここまで、プラスのポイントを解説してきましたが、デメリットとして「強化ガラスを使用しているため、一点に負荷がかかると割れてしまう可能性がある」という点があります。せっかく買ったケースが割れてしまうなんて、ショック過ぎますよね。ですが、ケースの付け外しの際に、こちらの着脱法をきちんと守っていただければ、まず割れる心配はほとんど無いと言えるので、ご安心くださいね。

iFace Reflection 強化ガラス クリア iPhoneケースの着脱方法
フチのカラーは全7色ご用意しています。iPhone本体のカラーを引き立てる落ち着きのある色味が人気です。

iFace Reflection 強化ガラス クリア iPhoneケース

【対応機種】
iPhone13 / iPhone13mini / iPhone13Pro / iPhone13ProMax / iPhone12 / iPhone12mini / iPhone12Pro / iPhone12ProMax / iPhone11 / iPhone11Pro / iPhone11ProMax / iPhoneXR / iPhoneXS / iPhoneX / iPhoneXSMax / iPhone8 / iPhone7 / iPhoneSE 第2世代 / iPhone6s / iPhone6 / iPhone8Plus / iPhone7Plus




【待望の全面クリアiFace!】フチまで透明なiFace Look in Clearケース(クリア)

iFace Look in Clear iPhoneケース(クリア)

インターネット調査にて「iFaceで使ってみたいアイテムは?」のアンケートを実施。 そこで1位を獲得したのが「iFaceのフルクリアケース」だったそうです。
Reflectionはフチ部分はクリアじゃないので、全部がクリアなiFaceケースを望む声が大きかったんですね。

その声を反映して誕生したのが、この「Look in Clear(ルックインクリア)ケース」!!! 1番の特徴は、やはりフチを含めた全てが透明なことです。フチに色が付いているのがどうしても気になっていた方には嬉しいニュースだったのではないでしょうか。

iFace Look in Clear iPhoneケース(クリア)

iFace Look in Clear iPhoneケース(クリア)
またReflectionは強化ガラスを採用しているのに対し、こちらは耐衝撃に優れたTPU素材を使用。TPUは簡単にグニャッと曲がる柔らかい素材なので割れにくく、iPhoneへの着脱も簡単にできます。

iFace Look in Clear iPhoneケース(クリア)

歴代のiFaceと同じく、側面には滑らかな曲線が施され、縦持ち・横持ち、どちらでも手にフィットして持ちやすくなっています。

iFace Look in Clear iPhoneケース(クリア)
もちろん、クリアケースなので写真を挟んだり、シールを挟んだり、自由なアレンジをお楽しみいただけます。

iFace Look in Clear iPhoneケース(クリア)

こちらもデメリットな点をあげるとすれば、強化ガラス採用のReflection(リフレクション)に対してTPUを採用しているので「黄ばむ可能性がある」ということです。

TPUの黄ばんでしまう特性を把握した上でLook in Clearには「ブルーイング加工」というものが施されています。これは、TPU素材自体に少量のブルーを混ぜ込み、黄ばみを目立ちにくくする技術です。
下の画像は、ケースに紫外線を当てて黄ばみの様子を見る実験結果のものですが、ブルーイング加工を施したといえど、黄ばみが発生する可能性がゼロでないことが分かりますね。

iFace Look in Clear iPhoneケース(クリア)のブルーイング加工について

また、TPU素材のクリアケースのためiPhoneにそのまま装着すると、「密着痕」という水が入ったような、にじみ模様が生じる場合があります。Look in Clearはそれを防止するため極小のドットパターンをケース内側に施しています。この加工のおかげで密着痕の発生は防げますが、ドット加工の存在が気になる方もいるかもしれません。ただ、レ本当に極小なドットのためレビュー内でもドットを気にする方はほとんど居ないようでした。

iFace Look in Clear iPhoneケース(クリア)のドット加工について

【対応機種】
iPhone12 / iPhone12Pro / iPhone8 / iPhone7 / iPhoneSE 第2世代




透明ケースに挟むだけで簡単カスタマイズ!インナーシート

iFace Look in Clear iPhoneケース(クリア)

クリアケースを自分でアレンジしたいけど、「センスがない…」とか「そんな時間ない…」なんて方は必見! 実はiFaceクリアケースに挟むだけでアレンジできちゃう専用のインナーシートが存在するんです。
シンプルなものからキャラクターものまで実に様々な種類を取り扱っていますので、自分が好きなものを選んで挟んでみてください!

また、ケースによって挟めるシートの枚数が違うので注意が必要です。Reflectionはインナーシートを2枚まで、Look in Clearケースは1枚まで挟めます。2枚はさめるReflectionの場合は「キャラクター」の背景に「キラキラ」を組み合わせてみるなど、より奥行きのアレンジを楽しむことができちゃいます。



キャラクターなど他のインナーシートが気になる方は、こちらの記事もご覧ください。

iFace インナーシートまとめ!透明のReflection、look in clearを自由にカスタマイズ!

2021.10.22

さいごに

iFaceの透明ケース、いかがだったでしょうか? クリアケースは記事内で紹介した通り、そのまま楽しむも良し、自分でカスタマイズするも良し、本当に無限大に楽しめるケースですよね。
毎日使うものだからこそ、ぜひお気に入りのケースで気分を上げていきましょう。
その他iFaceアイテムが気になる方はこちらもご覧ください。

iFaceのアイテムをもっと見る 〉
こちらの記事で紹介した商品はこちらのサイトで取り扱っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で