iFaceケースとおそろカラー「iFaceスマホリング」!インナー&フラット違いは?どっちがいいの?

こんにちは、Hamee編集部のシオリです。
スマホの落下防止アイテムの1つで、片手操作をより快適にサポートしてくれるスマホリング。 Hameeグループが企画・製造販売しているスマートフォンアクセサリーブランド『iFace(アイフェイス)』でもスマホリング「iFace Finger Ring Holder(アイフェイス フィンガーリングホルダー)」が好評販売中です。

iFaceのスマホリングには「インナー」と「フラット」の2つのタイプが存在します。この記事では、2つの違いの比較や商品紹介をしたいと思います。


「インナータイプ」と「フラットタイプ」を比較!何が違う?どっちがいい?

iFaceのスマホリングには2つのタイプが存在することをお伝えしましたが、分かりやすくお伝えするため比較表を作成してみました。


インナータイプ フラットタイプ
見た目 iFace Finger Ring Holder スマホリング インナータイプ iFace Finger Ring Holder スマホリング フラットタイプ
厚さ 約1.2cm 約0.6cm
リングを収めた時の直径 約3.7cm 約3.5cm
重さ 約22g 約17g
回転する箇所 2箇所 1箇所
リングの形状 丸みがある 丸みがある
価格 どちらも同じ

まず見た目から比較した結果、大きさは「インナータイプ」と「フラットタイプ」で大きな違いはありません。
厚みに関してはフラットが0.6cm、インナーが1.2cmなので、フラットはインナーのちょうど半分の薄さ。さすがフラットと言うだけあって薄いですね。

機能面に関しては、インナーはリング自体と周囲の2箇所が回転するのに対し、フラットは、周囲の1箇所だけが回転します。文面だけだと、ちょっと分かりにくいので下記の画像もご参考ください。1箇所の回転だけでも、充分便利ではありますが、2箇所回転するインナーは更に微調整ができて快適です。

iFace Finger Ring Holder スマホリング インナータイプの回り方 iFace Finger Ring Holder スマホリング フラットタイプの回り方

重さはインナー22g、フラット17gで大きな違いはありません。スマホリングは貼り付けて使うものなので、付けてみても重さの違いはほとんど気になりませんでました。

価格がどちも同じ、ということもあって筆者の個人としては「インナータイプ」が好みでした。 フラットに比べて倍の厚みはありますが、それなりの重厚感のおかげなのか、ガッシリしていて安心感を与えてくれます。また、2箇所も回転する必要あるのかな?と思ってましたが、使ってみると案外便利で、同じ価格なのにお得な気がしました。


​iFace Finger Ring Holder スマホリング商品紹介

iFace Finger Ring Holder スマホリング

iFace Finger Ring Holder(アイフェイス フィンガーリングホルダー)は、iFaceのスマホリング。 その特徴は大きく4つ!

別売りのiFaceのFirst ClassケースやReflectionケースと同じカラーで自由にコーディネート
持ちやすい角度に調節して落下を防止
スタンドにも変身

詳しく解説していきましょう。

やはり1番のポイントは、iFaceブランドのスマホリングだからこそ、iFaceケースとの相性が抜群ということです。カラーバリエーションの数も多く、ケースと同じカラーがそろっているので、統一感のあるコーディネートをお楽しみいただけます。


iFace Finger Ring Holder スマホリングとケースをコーディネート

次に、リング部分が回転するので、自分の持ちやすい角度に調整することが可能です。スマホの背面にいつもリングがあるおかげで、自然と手の位置が決まり持ち方も安定するので、落としてしまう心配をグッと減らしてくれます。更に、リングの使用によって、親指で操作できる範囲がかなり広がります。大きいサイズのスマホを使っている方には、特に嬉しいポイントだと思います。


iFace Finger Ring Holder スマホリングで落下防止

最後に、リング部分を立たせて横置きスタンドとしても使うこともできます。 動画を見たい時やテレビ電話を使いたい時にリングを立てるだけなので、サッとスグに使えてとても便利です。


iFace Finger Ring Holder スマホリングはスタンドにもなる

スマホ背面に貼り付けるだけの簡単取り付けではありますが、貼り直しができないので、ここだけは注意が必要です。
貼付けが不安な方は、セロハンテープで輪を作り両面テープのようにして仮止めしながら、自分の手にちょうどいい場所をチェックするといいでしょう。


iFace Finger Ring Holder スマホリングの着脱方法

スマホリングの使い方などの情報をもっと知りたい方はこちらの関連記事も参考にしてみてください。

【スマホケース屋が解説】スマホリングの使い方・貼り付け位置。2023年おすすめのスマホリングも紹介!

2018.01.17

カラーバリエーションはiFaceケースのカラーに合わせたものになっています。「スタンダードなカラー」と「Reflectionカラー」の2つに販売ページが分かれています。ぜひ自分にピッタリのカラーを選んでくださいね。

スタンダードなカラー

パキっとした鮮やかなiFaceカラーが揃っています。メタリックカラーはインナータイプのみの取扱いです。

iFace Finger Ring Holder スマホリング インナータイプのカラーバリエーション iFace Finger Ring Holder スマホリング フラットタイプのカラーバリエーション




Reflectionカラー

背面が強化ガラスの人気クリアケース、Reflection(リフレクション)のフチの色に合わせたカラーラインナップ。落ち着いた色味が多いのが特徴です。

iFace Finger Ring Holder スマホリング Reflectionカラーインナータイプのカラーバリエーション iFace Finger Ring Holder スマホリング Reflectionカラーフラットタイプのカラーバリエーション


フラットタイプはiFace Standard、Metallic、KUSUMI、Reflection Standardとおそろいカラー

フラットタイプのスマホリングはiFaceのStandard、Metallic、KUSUMI、Reflection Standardとカラーコーデを楽しめます。

iFace Finger Ring Holder フラットタイプのカラーバリエーション iFace Finger Ring Holder フラットタイプのカラーバリエーション


こぼれ話:かつて「アウタータイプ」も存在してた

「インナー(内側)タイプ」と「フラット(薄い)タイプ」と初めて聞いた時、「ん?フラットは分かるけど、インナーってどゆこと??」と正直思いました。

実はこれ、時をさかのぼることで分かりました。
以前は「インナータイプ」と「アウタータイプ」が存在していたんです。

iFace Finger Ring Holder スマホリングのアウタータイプ(現在は販売終了)

この「アウタータイプ」が更に薄く便利に進化して現在の「フラットタイプ」になったようです。だから、「インナー」と「フラット」この名称の組み合わせになったんですね...!なるほど、スッキリしました。

さいごに

iFaceスマホリングの2つのタイプの違いなど、お分かりいただけたでしょうか? 毎日使う、さらに落としたくないスマホだからこそ、使い勝手や見た目にしっかりこだわっていきたいですよね。
その他iFaceアイテムが気になる方はこちらもご覧ください。

iFaceのアイテムをもっと見る 〉
こちらの記事で紹介した商品はこちらのサイトで取り扱っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で