5G時代の新キーワード「Sub6」「ミリ波」を詳しく解説。

5G時代の新キーワード「Sub6」「ミリ波」を詳しく解説。

日本では3月からサービスがはじまった5G。2020年7月時点では、利用できる場所は人が集まる一部スポットのみとなっていますが2023~2025年にかけて全国的に利用地域が拡大する見込みです。

最近では5G対応のスマートフォンも発売されていて、2020年秋に発売予定のiPhone12シリーズは全機種5G対応と噂されています。

ところで、5G対応のスマホの説明を見ていると、よく目にする「sub6(サブシックス)」と「ミリ波」というキーワード。どちらも5Gで使われる周波数値に関する言葉ですが、「sub6」だけ対応のスマホ、「sub6」「ミリ波」両方対応のスマホがあり、何この単語?と思われている方も多いのでないでしょうか。

5Gのスマホを検討するうえで重要なキーワード「sub6」「ミリ派」。本記事では詳しく説明していきます。

「sub6」「ミリ派」とは?4Gの時とは何が違うの?

5Gと4Gの速度の違い

「Sub6」「ミリ波」は5Gから利用できる新しい周波数帯のことを言います。

今までは4Gの周波数帯を利用していましたが、5Gからは新たな無線技術が使われます。その無線技術のことを「NR(New Redio)」といい、4GLTEみたいに5GNRやNRと言います


そして、5Gは2つの周波数帯「sub6」と「ミリ波」を使ってデータ通信を行います。


4Gは3.60GHz未満の周波数値帯ですが、サブ6は3.6GHz~6GHz未満の帯域、ミリ波は28GHz~300GHzを利用します。

サブ6、ミリ派がそれぞれ使用する周波数値帯

周波数が高ければ高いほど「帯域幅」が広くなり、データ通信をスムーズに行うことができます。

なんのことだか良くわからない用語が増えてきましたが、数値が高いほどデータ通信の道幅が広くなって、たくさんのデータがスムーズに行きできるようになる、と思っていただければOKです。

よく、5Gの世界になると、「自動車の自動運転が可能になる!」「大容量の動画が瞬時にダウンロードできる!」などと言われていますが、これは周波数帯が高い「ミリ派」が使えるようになった世界のことを指しています。

「サブ6」は4Gの時と周波数値が近いので、速度においては「ミリ波」に大きく劣ります。そのため、4Gの時よりは早くなるけれどもそこまでの速度向上は見込めまん。

どうして、「ミリ波」「sub6」2つの周波数帯をつかうの?

どうして、「ミリ波」「sub6」2つの周波数帯をつかうの?

どうして5Gは2つの周波数帯があるかというと、「ミリ波」「サブ6」どちらもメリットデメリットがあり、それを補いあうために2つの周波数を用意しています。

ミリ波のメリット
超高速通信
超低遅延
多数同時接続
ミリ波のデメリット
電波の届く範囲が狭い
障害物の影響を受けやすい
まだ環境が整っていない
sub6のメリット
4G技術の転用ができるため、電波を利用できる環境が速く整う
電波が広域まで届く
障害物の影響を受けにくい
sub6のデメリット
速度、同時接続において大きくミリ波に劣る

「ミリ波」は高速通信、低遅延、多数同時接続などが見込まれる一方、まだまだ技術的に難しく、すぐには普及が難しい状況です。いつ一般的に利用できるようになるのかの目途もわかっていません。

その点Sub6は2023年~2025年までに全国に普及されるのでは?と言われています。

そのため、2020年の現時点ではいつ普及されるかわからない「ミリ波」には対応せず「susb6」のみ対応したスマホも発売されています。

せっかくだから5Gスマホにしよう!と思われている方はsub6のみ対応か両方対応のスマホかよくチェックしてから購入を検討しましょう。ミリ波対応の場合若干スマホの値段が高くなります。

5G対応のスマホ

AQUOS R5G(sub6のみ)

「AQUOS R」シリーズ初となる5G対応モデル。

8Kの動画撮影が可能な4800万画素のカメラをはじめとした4つのカメラを搭載するなど、動画撮影に力が入れられているのが特徴です。

Galaxy S20 5G(sub6のみ) / Galaxy S20+ 5G(sub6、ミリ波どちらも対応)

「Galaxy」シリーズ初となる5G対応モデル。8Kの動画が撮影可能、120Hzでなめらかなディスプレイ、6400万画素の望遠カメラなど、ディスプレイやカメラ性能が良いことが特徴です。S20はsub6のみ対応機種、S20+はsub6、ミリ波どちらにも対応しています。+5Gの方が8,000円おど値段が高くなっています。

iPhone12シリーズ(全機種sub6、ミリ波対応)

2020年秋に発売が噂されている新型iPhone。エントリーモデルは5.4インチのミニ、6.1インチのMAX、ハイエンドモデルは6.1インチのプロ、6.7インチのプロマックスの計4機種が発売されるといわれています。エントリーモデルはsub6のみ対応、ハイエンドモデルはSub6、ミリ波対応との噂があります。

おまけ:現在5Gが使えるスポット

いかがでしたでしょうか?

まだ5Gなんて遠い話…と思っていましたが、2023年頃には5Gのsub6は一般的に普及する可能性があります。今も一部のスポットでは使えますし、これからどんどん増えていくので、スマホを買い替えるときは5Gの普及状況も併せてチェックし、機種を選ぶとよいかもしれません。

参考)現在5Gが使えるスポットはこちら。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で