iFaceの正規品・偽物ってどう見分けるの?本物のiFaceの調べ方と探し方

saki1_main
こんにちは。ライターのSakiです。
Yahoo!知恵袋などの質問サイト上で、「iFaceの本物とニセモノの見分け方を教えてほしい」という質問をよく見かけます。
ネット上のショッピングモールやオークションサイトでも、偽物の商品を見かけることが少なくありません。
偽物の商品を見て「iFaceってこんな感じなんだ(がっかり…」と勘違いしてしまっている方もいらっしゃいます。
そこで今回は、iFace正規品の見分けるポイント、本物と偽物の違いをご紹介します。

【1】認証サイトで調べてみよう!

iFace 認証サイトURL:http://certify.iface.us/

iFace正規品には、購入時に保証書が同梱されており、シリアルナンバーが書かれています。そのナンバーを認証サイトに打ち込んでください。
正規品だった場合は「正規品です」というメッセージが表示されます。
シリアルナンバーの紙が入っていなかった場合、その時点で偽物の可能性があります。
(※機種や生産上の仕様変更に伴い、保証書の仕様が異なる場合があります。)

【2】iFaceの正規品の特徴で比べてみよう!

本物のiFaceには、下記2つのチェックポイントがあります。

右下にiFaceのロゴマーク

iPhone6s/6、iPhone7用のiFaceには、ケースを装着した際の画面側右下の部分に「iFace」とロゴマークが刻まれています。
(※iPhoneSE/5s/5用など、その他の機種には印字されていません。)


内側の輝くステッカー

ステッカー部分には「iFace」の文字が印字されており、キャラクター商品の場合はキャラクターロゴが使用されています。
正規品の場合はパッケージ越しに内側のステッカーを確認することができます。


このiFace、ロゴが今までと違うんだけど…大丈夫!正規品です

iPhone7からデザインが変更になりました

iPhone7専用のiFaceから、日本・アメリカで販売されるiFaceはロゴ位置が変更になりました。
※旧タイプデザインのiPhone7用ケースは、並行輸入品か偽物です。

2種類あるロゴタイプ

iPhone6s/6専用、iPhoneSE/5s/5専用のiFaceでは、2種類のデザインがあります。
ロゴタイプは2種類!
旧タイプ:本体中央のiFaceロゴの右に「First Class|Designed by ACE Design」表記
新タイプ:本体中央のiFaceロゴの右に「by Hamee」表記
これらはどちらも正規品ですのでご安心ください。

ロゴタイプのまとめ
iPhone7用:ロゴ位置は「下」
iPhone6s/6、SE/5s/5用:ロゴ位置は「縦・中央」(新・旧の2種類のデザイン)

こんなiFaceには要注意!正規品と模倣品を比べてみた

正規品のパッケージは、中のきらめくロゴが見えるデザイン。説明文は日本語で記載があり、Made in Koreaです。
偽物はパッケージが英語で書いてあり、Made in Chinaと書かれていました。
iFaceは韓国のデザイナーがデザインしており、韓国製が正しいです。
(並行輸入品の場合は、英語と韓国語の記載があります。こちらもMade in Koreaが正しいです。)

正規品はブリスター(透明のプラスチックみたいなもの)でケース本体をサンドイッチしてiFaceを保護しています。このブリスターにもiPhone7と機種名の記載があったり、凝っています。
偽物の特徴
・ボタンが固く押しづらい
・細かい部分がチープ
・形・色合いが微妙に違う
画像内の丸がついている部分が注目ポイント!
ここが本物と偽物を見極める部分です。本物と比べてみると、細部が異なっていることがわかります。

本物と偽物を見比べていて、「本物すげぇ!」と思ったこと

偽物はボタン部分がすごく固いのです。パッと見は似ているのですが、よくよく見てみると、成型が全然違いました!
本物は細部まで考えられたデザインになっていることがわかります。

…と、ここまで本物と偽物の見分け方を紹介してきましたが、一番簡単に本物を手に入れられる方法をご紹介します!

一番簡単な「本物」を手に入れる方法!

正規品を購入するなら「Hamee」

iFaceを作っているHamee系列店舗で購入すれば、すべて本物です。

なんで、Hameeで買うと本物なの?

iFaceを販売・製造しているのは、Hamee。そのため、iFaceはHamee株式会社が商標権を持っています。
iFaceの製造元メーカーであるHameeから購入すれば、もちろん本物。一番安心です。

ぜひ、本物のiFaceで素敵なスマートフォンライフをお楽しみください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

ABOUTこの記事を書いたライター

Saki

アニメ漫画大好き~。ラーメン大好きとりさん。
ケータイはXperiaです。