第82回東京ギフトショー2016・秋に行って来ました!(その2)

こんにちは!Hamee fun編集部です。
前回の東京ギフトショーに出展したHameeブースの紹介に引き続き、今回はギフトショーレポその2をお送りします。

さすが東京ビッグサイト、大きな会場にはやはりいろんな商品がありました。
と言う訳で、今回は会場で見つけたおもしろスマホ関連グッズをご紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA まずはコチラのブース。
キャラクターもののグッズなど、スマホグッズを豊富に取り揃えているサンクレストさんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA まず目に留まったのが、こちらの食べ物シリーズ。
一見、かわいいポップなイラストのようですが…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA なんとも圧倒的な存在感を与える、ファストフードをモチーフにしたiPhoneケースでした!
写真映えもばっちりで、ティーンエイジャーにすごく支持されそうな予感。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ハンバーガーや目玉焼きトースト、ポップコーンなど、ポップでアメリカンなデザインがずらり。
触れてみると柔らかいクッションのようで、ぷにぷにしてて気持ち良いです。
すべすべしていて肌触りも良く、発色も鮮やかでインパクトも抜群です。
こちらのケースはデザインによって10月上旬・12月上旬に発売予定とのことです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 続いて、アクセントのスカーフリボンがポイントの、ハンドバッグ風デザインの手帳型ケース。
爽やかなカラーと上品なスカーフリボンがとても素敵な印象です。
旅行カバンのようにも見えるので、旅行に行くときにこのケースを使ってたら気分も上がりそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA その隣には、花柄に箔押しが華やかな印象の手帳型ケースが並んでいました。
実はこちらのケース、ただかわいいだけでなく、機能面もスゴイんです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ケースの内側にミラーが付いているのですが、なんとこのミラーがスタンドミラーに早変わり!
ミラー付きの手帳型ケースはあれど、スタンドできるタイプは珍しいのではないでしょうか。
ミラーのサイズも大きいので、テーブルに乗せてメイクをする際にも便利です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA そしてこのミラー部分をパタパタ折り返すと…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 今度はミラー部分が内側に!
ケースの内側からもミラーが見えるので、ちょっとしたメイクチェックもスマホを見ているふりをしてササッと行えます。
こういう機能があると、使っている側としても嬉しいですね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 開閉部分はスナップボタンで止められるようになっており、背面にはカメラ穴もばっちりついています。
これらのハンドバック風ケースとスタンドミラーケースは、11月中旬に発売予定とのことです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA 更にサンクレストさんでは、スマホケースだけでなく、最近使用者が急増している「IQOS」用のケースも展示されていました。
IQOS(アイコス):たばこ葉部分を燃やすことなく加熱し、紙巻たばこの喫煙から得られる味わいを再現できるよう設計した加熱式たばこ。火を使わないため煙や灰が出ることはなく、紙巻たばこの煙に比べてにおいも低減。発生するたばこベイパー(蒸気)も、紙巻たばこの煙に含まれる量に比べて有害な成分が大幅に削減されているとのこと。
「持ち運びをする時に、ICOSのチャージャーと清掃クリーナーとタバコのケースがバラバラになって収まりが悪い」という声があったことから、全てを手元で収納出来て、出し入れする時も使いやすいケースとして、実際にICOSユーザーのデザイナーが中心となって開発を進めたそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA かゆいところに手が届く、ICOS仕様のデザイン。
うーん、消費者視点に立って良く考えられていますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA レザーだけでなく、ポップなシリコンもあって選択肢がいっぱいで楽しい!


つづいてのブースはコチラ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ライブエンタープライズさんのブースです。
ブース前では実際にVRヘッドセットが視聴でき、たくさんの人が集まっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA こちらのブースでは、VRヘッドセットが壁一面に展示されておりました。すごい数です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 専用アプリをダウンロードし、ヘッドセットを使ってVRを体験することができます。
パッケージに描かれているコンテンツ以外にも、様々なシチュエーションのコンテンツが用意されているそうです。
VRのヘッドセットは1,200円だそうなので、はじめてのVRを体験としても気軽に体験できるのがいいですね。

そしてHamee fun編集部員のテンションが特に上がったのがコチラ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 戦艦大和のVRセットです!

こちらは現在構想中とのことで、実際に試すことは出来ませんでしたが、戦艦大和をCGで再現して、その中を冒険出来るVRソフトをヘッドセット・ブックレットと併せて販売する予定だそうです。
実際に入ることが難しい場所も、いつかVRで体験できる日が来るかもしれない…ロマンが詰まっています。
コレは出来上がりが楽しみですね!首を長くして販売を待ちましょう。


続いて、3つ目のブースはコチラ、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA スマートデバイス周辺商品を数多く取り扱っているティ・レイズさんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「次のヒット商品はコレだ!」という、いかにもワクワクする看板が掲げられています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA その商品がこちらの「スコープカメラ」。
長いケーブルの先に胃カメラのような小さなカメラがついており、スマホ・タブレットに繋げて専用アプリを起動すると、カメラで映した映像がリアルタイムで見れると言う代物です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 小さな怪獣フィギュアにズームしてみました。
なかなか肉眼では確認しにくい小さな物体も、スマホやタブレット画面に映し出すことで、クッキリ形をとらえることができます。
医療現場にありそうなグッズで、ちょっと頭が良くなるような感じさえします。
先端部分には明るさ調節が可能なライトがついているので、細い隙間にモノを落としてしまった…なんてときにも役立ちます。
しかもIP66の防水機能付きなので、水に濡れてもへっちゃらです。いろいろな使い方が出来そうですね。


会場内を歩いていると気になるグッズを見つけたので、KOREAブースに立ち寄りました。
ギフトショーには日本国内だけでなく海外からも数多くのブースが出展しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA こちらのマイポブさんでは、GO PROなどのアクションカメラやスマホなどを首から下げて使えるガジェット「SELDI(セルディ)」を扱っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 実際に装着してみると、こんな感じになります。
両手が空くので、自撮りしながら何か作業をするYou Tuberにもおすすめとのこと。
カメラを自分の方に向ければ、芸能人がジェットコースターに乗った時などに顔のリアクション撮るような固定カメラとしても使えそうですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA パッケージも高級感があっておしゃれです。
年末の忘年会などでプレゼントであげると喜ばれそう。



KOREAブースでもう1つ面白いグッズを見つけたのでご紹介。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA スマホで遊べるダンボールラジコン、SSELTOさんのラジコンです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA こちらはスマホのアプリを起動して、スマホ自体をコントローラーにして遊ぶガジェットです。
タイヤの左右の向き、前進・後進を操作することができます。
しかも車体部分は自分で組み立てるキットがついているので、工作部分から楽しむことができます。
親子でいっしょに組み立てて遊ぶのも楽しそうですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA サイズ感はこんな感じです。
横にいる恐竜もかなりサイズが大きくて迫力がありました!


さらに歩いていると、KOREAブースの近くには台湾ブースが。
さすがインターナショナル。様々な国が出展しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA こちらのCPSIさんでは、手をかざすことで調光出来るUSB型のライトを展示してました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA こうやってライトの前に手をかざすと…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 明るさを調整できる仕組みになっています。
USB型なので、モバイルバッテリーに挿せば屋外でも使用可能です。
インテリアとして部屋に飾るのもオシャレですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 担当のダニエルさんが凛々しくデモンストレーションしてくれました。


さて、今回のギフトショーレポートはいかがでしたでしょうか。
ギフトショーには数多くの出展があるため、本当にごくごく一部だけを紹介しました。
普段見ることの出来ない様子が伝われば幸いです。
そして、ギフトショーレポートは、まだ続きます!
さらなる様子はギフトショーレポその3でご紹介出来ればと思いますので、お楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で