「高い品質にこだわったクリアケースを安価で。」をコンセプトに作られた透明ケース HIGHER(ハイアー)の開発秘話をご紹介!

こんにちは、はじめまして。Hameeのベーです。
突然ですがこちらの透明なiPhoneケースをご存知でしょうか。


一見シンプルなクリアケースとなりますが、よく見ると色んな工夫がほどこされています。



この「HIGHIER(ハイアー)」ですが、iFaceをはじめとする人気スマホケースを取り扱うHamee株式会社に勤務して6年目の、私ベーが 「高品質・安価」をテーマに作った透明クリアケースになります。

こだわり抜いて生まれた商品となっておりますので、その開発ストーリーを紹介しちゃいたいと思います!ぜひ見ていってください!


2021年 市場で一番売れてるトレンドのスマホケースって??

突然ですが質問です!


数え切れないほど多くの種類があるスマホケース。どんなカテゴリの商品が一番売れているか、みなさまはご存知でしょうか。

実は今「クリアケース」が一番人気のカテゴリと言われています。スマホケースの販売ランキング上位はメーカーや商品は異なりますが、 殆どがクリアケースによって独占されています。

言われてみると透明なケースを使っている方が以前より多くなったと感じられるのでは、と思います。

そんな市場で大人気のクリアケースですが、Hameeでは自社開発のクリアケースはこれまで殆どありませんでした。

※2019年当時。現在ではiFace Look in Clearやsalisty 耐衝撃クリアケースがあります!

Hameeにて企画、販売しているiFaceやsalistyはありがたいことにバツグンの人気があり売上も安定していたため、
レッドオーシャンであるクリアケース市場で勝負するよりも戦略的には良いなぁと思っていながらも、
様々な商品を製造してきた「スマホケースのノウハウ」が蓄積できていたので、なにかいいアイデアがあればクリアケースも作ってみたいなと個人的に思っていました。

クリアケースの違いとは?

クリアケースは「安価だけど特徴がないもの」と「高品質な素材を使ったり、構造に工夫が施されているけど値段が張るもの」が多いです。

それを見て安直な考えではありますが、特化しつつもそれなりに値段抑えた商品が製造できれば、前述の二分されているところ、どちらにも食い込めるのでは?と考えました。

幸いなことにべーは品質管理担当だったので日々スマホケースの性能をチェックしていました。 そこで、当時の自分の知識を最大限に活かし、「高い品質にこだわったクリアケースを安価で。」をコンセプトにおいて、 実際に企画を進めることにしました。

クリアケースに求められるポイントとは?


企画を進めていた当時、ベーはiFaceを使っていたのでちゃんとクリアケースを使わないとな、と思い数ヶ月透明なケースを使用し、いくつか目指すべきポイントが見えてきました。


○透明ケースに求められるポイント①黄ばみにくいこと

一番気になったのが黄ばみになります。実際にクリアケースを使われている方は黄ばんでしまって見た目が気になってしまった方も多いかと思います。

スマホケースでよく使われてる素材のPC(ポリカーボネート)やTPU(熱可塑性ポリウレタン)はどちらも紫外線の影響や経年劣化により黄ばみが発生しやすく、 また透明ゆえにその変化が目立ちやすいといった特徴があります。 クリアケースを製造するにあたって黄ばみは避けて通れない、と認識していたのでそもそもの素材を変えるか黄変に強い素材を採用して「黄ばみにくいケース」にする必要があるな、と感じました。

○透明ケースに求められるポイント②耐衝撃性

クリアケースの中でも、高価格帯のものは耐衝撃を謳っている商品がありましたが、自分が使用した安価なモデルは比較的薄手な作りでした。
コストを落とすために素材量を削減したり、衝撃を緩和するための設計に時間をかけない、といったことが薄手な作りにつながっていると思われます。

せっかく安くても落として端末へのダメージが発生してしまうとなると本末転倒のため、比較的安価で提供したいと思っておりましたが、 日々手にとって使うスマートフォンにおいて耐衝撃性はマストだと感じたので、ここも盛り込まねばと考えました。

○透明ケースに求められるポイント③抗菌

起案した2019年当時、既にスマートフォンは実は相当数の菌が付着している、 なんて情報も一般的に知られるようになってきていたため、 安心して使うためにも抗菌性は取り入れたいなと考えておりました。一部の商品で抗菌仕様は採用されていましたがまだまだスマホケースでは一般的ではないため、 ユーザーの方々がスマホケースを決めるときの選択肢として抗菌機能といったものがある、ということを認知してもらいたかったこともあり、 取り入れたい機能の一つとなりました。

2021年現在は、新型コロナウィルスの影響でますます「抗菌」のニーズが高まっているので やはり入れて良かった機能だったと実感しています。

以上、べーがクリアケースを使用し、新商品に盛り込みたいと思った要素となります。結果として HIGHERにはすべての要素が組み込まれているのですが、 当時は「こんなに盛り込んで安いケースができるかいな…」と不安になった記憶があります。



安くて高い品質のクリアケースを作ろう!~協力会社/工場との相談~

早速、製造に向け協力会社/工場の方々とミーティングを実施し、今回の 「高い品質にこだわったクリアケースを安価で。」をコンセプトを伝え、 実現可能かどうか恐る恐る聞いてみました。そうすると「おもしろいのでトライしてみましょう。」との心強いご返答が!

ちょうど工場の方も新たなクリアケースを開発したいと思っていたようで、 渡りに船とばかりに会議を重ねてどんな製品だったらお客様に喜んでもらえるか、イメージを膨らませていきました。

当時のクリアケースは全体がTPU(柔らかく弾力性のある素材)かPC(固くて丈夫な素材)で一体となっているものよりも、
側面はTPU、背面はPCといったハイブリッドケースが主流となっていたので、自分たちのケースも異素材を組み合わせて作ろうと決定、
TPU+PCやTPU+アクリルといったものも検討にあがりましたが、中でも一番良かったのが製品にも採用されたTPU+PETの組み合わせでした。

TPU+PET素材を組み合わせることによるメリット

前述のPCやアクリルを使用すれば硬度は担保できるものの、硬質なため割れてしまうというデメリットがありました。 対してPET素材を使用することによってある程度の硬さは保ちつつも、柔軟性のある素材のため割れないことに加え、 スマートフォンの着脱がしやすいといったメリットが生まれます。

また、PETには印刷を施すことが可能なため、その後のバリエーション展開がしやすい、という大きな利点があり、 さらにTPUをPET2枚で挟み込むことで適度な硬度の実現と印刷したときの立体感を表現できることもわかったため、この組み合わせで商品化することに決めました。

高性能クリアケース「HIGHER(ハイアー)」:全体の構造


上述のように、利用する素材にこだわりつつ、スマホケース全体の構造は以下のようにすることに決めました。

・高いフチによりカメラ部をしっかり保護
・エアポケットを周囲に張り巡らせた耐衝撃設計により、3m/6方向の落下試験にも合格
・高機能TPU「Elastollan®」を採用し黄ばみにくく、抗菌機能を有しキレイ長持ち
・充実した機能を備えつつも手に取りやすいお手頃な価格:1,980円(税込)を実現


特に制作者がこだわった点は、「耐衝撃性」と「透明感」

中でも、制作者べーが一番こだわったのは「耐衝撃性」です。 耐衝撃に関しては 日常生活でスマホを落として一番最悪の状況を、具体的には階段から落として、 高いところから何度も衝撃が加わった時を想定し、3メートルの高さ・6方向から衝撃を加えました。

工場の方々の全面的な協力もあり、ケース内側周囲にチューブのように張り巡らされたエアポケット+端末を浮かせる構造により、 堅牢な耐衝撃性を実現することに成功しました。

また、多くのクリアケースが張り付き防止のために背面にドットのパターンを入れているのですが、 HIGHERでは浮かせる構造となっていることからこのドットパターンがありません!このことからよりキレイにiPhoneの背面を見せることができるようになっています。
※側面にはドットパターンが入っています

また、冒頭に記載したようにiPhoneの機体をキレイに見せるために黄変対策は別途しなければいけませんでした。そこで、案に挙がったのがBASF社の「Elastollan®」でした。

HIGHERで採用しているグレードではTPU自体が抗菌機能を有しているだけでなく、黄ばみにも強い、いう性能で今回のクリアケースを作るにはこれしかない! BASF社とはこのタイミングぐらいから懇意にしていただき、発売のタイミングでは先方のプレスリリースでご紹介もしていただけました。本当に感謝です。

また、ちょうどこのタイミングで商品名を「HIGHER(ハイアー)」とすることも決めました。

試作し、試験し、発売へ


仕様が固まり早速試作する運びに。細かな修正指示はいくつか出させていただき何回かやり直しは発生したものの、形状や設計は特に大きく変わっておらず、 順調に試作作業は完了することができました。同時並行で行っていた落下試験や抗菌の試験も無事にパスし、念願叶って「高い品質にこだわったクリアケースを安価で。」が完成しました。

ここには書けないトラブル等々もあったのですが、なんとか無事に発売できてホッとしたことを覚えています。 おかげさまで現在では上々の売れ行き、ご評価をいただいており、最近では追加バリエーションとしてキャラクターシリーズやiPhoneSE(第2世代)/8/7モデルもラインナップに追加させていただきした。 ※今回の記事での実際の商品の写真は、このiPhoneSE用のモデルを使用しています!

対応機種は現在、iPhone13/13Pro、iPhone12/12Pro、iPhoneSE(第2世代)/8/7の5種類


HIGHERはこのようにたくさんの方々の協力があって生まれた渾身のプロダクトとなっておりますので、もし気になりましたらお手にとってください! 対応機種は現在、iPhone13/13Pro、iPhone12/12Pro、iPhoneSE(第2世代)/8/7の5種類になります。

最近では「ポケモン」「MARVEL」デザインも発売されました。

透明ケースはステッカーを入れて自分でアレンジも◎

また、ステッカーや写真を入れて自分だけのオリジナルデザインを作れるのも透明スマホケースの良さです。クリアケースは幅広く色んな楽しみ方ができますね!


Hameeでは今回ご紹介したHIGHERに限らず、たくさんのこだわりが光るスマホアクセサリーを製造・販売しています! もし不明点があればスタッフがしっかりとご対応させていただきますので、ぜひぜひHamee本店も覗いていってみてください!



Hamee本店はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で