2019年新型iPhone ケース・フィルム 併用についての考察 iPhone11Pro/11ProMax/11

2019年新型iPhoneはiPhone11(Ⅺ)・11ProMax・11Pro?発売日や機能の噂まとめ

2019.08.08

2019年新型iPhone 名称 考察 iPhone11・iPhone 11 Pro Max・iPhone11Pro?

2019.08.26


毎年気になるのが、新型iPhoneで旧機体のケースやフィルムが前機体と併用できるのかどうか。
今回はiPhone11Pro/11ProMax/11のケース・フィルムの併用について深く考察してみます。

ケースの併用について

ケースについては、まず ほぼ併用できない と考えられます。
画面サイズ(インチ数)は現行モデルのiPhoneXS/XSMax/XRそれぞれの大きさと同様になるだろうとされています。
iPhoneXS/XSMaxの後継機とされるiPhoneXI/XIMax機種は筐体がわずかばかり大きくなり、iPhoneXRの後継機とされるiPhoneXIRはほぼ同じサイズだとの噂があります。

しかし、そんなことが些細になるほど今回は大きく違う部分があるのです・・・

そう!カメラ部分です!


このカメラ穴があるため、今までの機体はほぼ、併用不可だと考えられます。
今予約販売が開始されている商品をみても、この大きなカメラ穴が確認できます。

新たにiPhoneXIケース、iPhoneXIMaxケース、iPhoneXIRケースを購入する必要がありそうですね。
これに関しては、併用情報を待たずに、購入してしまった方がよさそうです。

新型iPhone ディズニーキャラクターiFace First Classケース

新型iPhone iFace First Class Standardケース

タッチペン

iPhone11ProMaxが今回タッチペンが使えるのでは?という噂がありますね。
個人的にはこれは、十分ありえると感じています。なぜなら、現状MAXの利点が低すぎるからです。
だからこそ、現状MAXサイズのiPhoneの売上はそこまで高くありませんでした。
しかし、MAXを買う理由にさらなる付加価値をつけられれば、MAXの販売を伸ばすことが可能になることは十分に考えられます。

なので、タッチペンがMAXで使用できることは十分考えられるのではないかと思っています。


フィルムの併用について

今回、フィルムに関しては 併用可能 という意見と 併用不可 の二つの意見が飛び交っています。
不可という意見の話を聞くと、画面側のセンサーがフィルムが触れていると干渉していると使えない・・・というものです。

ただ、液晶のデザインは、現行モデルiPhoneXS/XS Max/XR同様のノッチ領域 があるベゼルレスデザインと言われています。
全面がディスプレイのためホームボタンなどもない予想です。
【ノッチ領域】:前面カメラやFace IDなどのセンサー類をフロント面に搭載するための策として設けられたディスプレイのくぼみ部分
【ベゼルレス】:外側の額縁が極力取り払われた全面ディスプレイ設計のこと

上記の情報だけを聞くと、併用可能かどうかはまだ分かりませんね。
新しい情報がわかり次第更新していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で