【番外編】トリニティさんが運営するイタリアンレストラン「TRATTORIA TRINITA」に潜入してきた!

こんにちは、Hamee fun編集部です!
今まで4日間に渡って、トリニティさんの記事をお送りしてきました。
これまでスマホグッズの商品開発のお話やイチオシランキング、トリニティスタッフさんの使用しているスマホグッズなどを紹介してきましたが、今回の最終回ではトリニティさんが運営するイタリアンレストラン「TRATTORIA TRINITA(トラットリア トリニータ)」をご紹介します!

イタリアンレストラン「TRATTORIA TRINITA」

torinita (24) TRATTORIA TRINITA:http://trinita.jp/

トリニティさんはスマホグッズや電子デバイスを取り扱いしているメーカーですが、なんとオフィスに隣接して、イタリアンレストランも運営しているんです!
「ライフスタイルを豊かにしたい」という想いから、さまざまな製品やサービスを提供してきたトリニティさん。ライフスタイルの提案のひとつとして、安心安全な素材や美味しい料理を提供することにも取り組んでいるそうです。

torinita (1) torinita (32) ドアにはトリニータのロゴが。早速店内へ入ってみましょう。

torinita (31) 白と木目調を基調とした明るい店内。清潔感があり洗練された空間ながらも、居心地良く落ち着く雰囲気です。
昼間に伺った際は、シェフの方が仕込みをされていました。

torinita (25) torinita (28) 天井からぶら下がっている電球の明るさは、なんとiPhoneでコントロール出来るそうです!
さすがスマホグッズを扱っているトリニティさん、店内にもさまざまな工夫が散りばめられています。

torinita (30) torinita (26) torinita (29) torinita (3) カウンターにはワイン、壁面にはトリニティ製のスマホケースが飾られています。
スマホケースを飾るイタリアンレストランは他にないと思いますが、違和感なく雰囲気に溶け込んでいました。
また、ポストカード風のイラストは、なんとトリニティさんの歴代の年賀状デザインなんだとか。
トリニティさんのセンスの良さが光る空間です。


昼間も素敵なレストランですが、日が落ちると、その雰囲気は更に高まります。

torinita (23) まるで外国の街角のような雰囲気が漂います。

今回は夜にお邪魔し、Hamee fun編集部でトリニータさんご自慢の料理を堪能してきました。

torinita (2) まず驚いたのが、こちらのお店ではおすすめメニューがiPadに表示されていました!
各テーブルにiPadを置いてメニューを見せるというのが、やはりトリニティさんらしく斬新です、、!

torinita (12) と思っていると、なんと店員さんもオーダーを取る時にiPhone5Cを使用しているではありませんか!
ハイテクなレストランで、そのスタイルに脱帽です。

torinita (8) まずはトリニティスタッフの方々と乾杯。自分はイタリアのモレッティ社製のモレッティビールをいただきました。
大手メーカーのビールとのことで、イタリアではかなり一般的に広がってるビールだそうです。
日本のビールも美味しいですが、こちらの瓶ビールも揚げ物や前菜など、どんな物にも合う味わい深いビールでした。

torinita (5) いよいよ食事がスタートです。まずはバーニャカウダから。
ソースの味もしっかりして、野菜が進みます。バーニャカウダがバブル期に出ていたら、きっとオシャレの最先端料理になっていたと思います。

torinita (6) torinita (7) 続いては、パンと小海老のアヒージョ。
パンをアヒージョのオイルに浸し、具と一緒にいただくと、それはそれは最高の味がします。
ガーリックの風味も利いており、思わずお酒も進んでしまいます。

torinita (11) お次はきのこのリゾットをただきます。
一度きのこをオーブンで焼くことで、旨みをぎゅっと閉じ込めているのがポイントなんだとか。
程よい塩味ときのこの香りが口いっぱいに広がり、まだまだ食が進んでしまいます。

torinita-14 その後には、宮崎県のブランド牛「尾崎牛」のイチボという部位を使用したステーキをいただきました。
イチボとは、ランプと呼ばれるおしり上部のお肉のうち、下側のやわらかい部分を切り出した希少部位。赤身のお肉でありながら、やわらかくとろける食感が味わえると人気の部位なんだとか。
こちらは写真からご想像の通り、文句なしの味です。旨みが凝縮された肉はもちろん、付け合わせの野菜、ソースが絶妙なハーモニーを生み出します。
あっという間にぺろりといただいてしまいました。

torinita (15) こちらは「ゴルゴンゾーラ クルミ添え」のニョッキです。
クルミとニョッキの歯ごたえが楽しく、チーズとクルミの香りが通り抜けるようで、こちらもあっという間に平らげてしまいました。

torinita (33) TRINTAでは日本を代表する老舗「ノリタケ」の、高級感あふれるボーンチャイナ素材の食器で統一されています。
またナイフやフォークなどのカトラリーは、創業100年以上も続いている新潟県燕市のカトラリーの老舗、燕物産が誇る「ブランチ」シリーズを採用されているとのこと。
料理やデバイスなどはもちろんですが、更に食器などにも注目すると、もっとTRINITAの魅力が味わえます。

torinita (19) torinita (16) 最後に、デザートもいただきました。


torinita (34) スマホグッズを運営するトリニティさんが運営するイタリアンレストラン「TRATTORIA TRINITA」。 訪れてみると、とても素敵な落ち着いた雰囲気のあるレストランでした。
お料理はどれも本格的で美味しく、親しい友人や家族、恋人など、大事な人と一緒に行きたくなるような素敵なレストラン、本当に本当におすすめです!
ぜひ「TRATTORIA TRINITA」に足を運んでみてくださいね。

イタリアンレストラン [TRATTORIA TRINITA(トラットリア・トリニータ)]
店舗紹介ページはこちら 〉

▼トリニティ株式会社

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で